上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


The Braincase

 1. Gaze
 2. Disaster
 3. No.9
 4. Jack
 5. Scapegoat
 6. To Slave's Way
 7. Theory Of Grief
 8. Admit
 9. One Person Knock It Down
 10. Human Griefman
 11. Struggle Mind
 12. Uneasy Dance

2008年発表、THE BRAINCASEの1stアルバム。

ヘヴィーメタルバンドAIONのリーダーであるギタリストIzumiが、
YPERITE GAS~華幻楼のヴォーカルHaradaとともに立ち上げた
ブルータルデスメタルバンド(プロジェクト)のデビュー作。

ポップで煌びやかなAIONとは対照的に、徹頭徹尾ダークな作風です。
人間離れしたディープなデス声と、ゴリゴリ圧殺するようなヘヴィリフ、
グラインドコアばりの激速リズム隊のコンビネーションが絶妙。

リフはよく聴くとかなりシンプルなんですが、アクセントを細かく変えることで
強烈なグルーヴ感を生み出していて、爽快かつ奥深いものになっています。
リズムのバリエーションが豊富なのも長所ですね。

4曲目Jackと10曲目Human GriefmanはAIONのカバー曲。
リフや展開は原曲を踏襲していますが、歌メロ撤廃&激速化。
印象がまったく違って面白いです。

日本のバンドだから、などと食わず嫌いせず、是非聞いて頂きたい傑作です。





  


スポンサーサイト


Memories Of A Time To Come

CD1
 1. Imaginations from the Other Side
 2. Nightfall
 3. Ride into Obsession
 4. Somewhere Far Beyond
 5. Majesty
 6. Traveler in Time
 7. Follow the Blind
 8. The Last Candle

CD2
 1. Sacred Worlds
 2. This Will Never End
 3. Valhalla *Re-Recording
 4. Bright Eyes
 5. Mirror Mirror
 6. The Bard's Song (In the Forest) *Re-Recording
 7. The Bard's Song (The Hobbit) *Re-Recording
 8. And Then There Was Silence *Re-Recording

CD3(Limited Editionのみ)
 1. Brian
 2. Halloween (The Wizard's Crown)
 3. Lucifer’s Heritage
 4. Symphonies of Doom
 5. Dead of the Night
 6. Majesty
 7. Trial by the Archon
 8. Battalions of Fear
 9. Run for the Night
 10.Lost in the Twilight Hal
 11.Tommyknockers
 12.Ashes to Ashes
 13.Time What Is Time
 14.A Past and Future Secret
 15.The Script for My Requiem

2012年発表、ジャーマンメタルの重鎮BLIND GUARDIANのベストアルバム
――という体裁をとった、リマスター+新録+デモ集(Limited Editionのみ)の企画盤。
アートワークは近年大活躍中のFeripe Machando Franco氏。
歴代ジャケットのモチーフを上手く取り入れたもので実に秀逸です。

CD1はリミックス&リマスター。
印象はほぼ据え置きで現代的な音になっていて良いです。
リズムが歯切れ良く聞こえるようになっているのが嬉しい。
ボヤけていた音が引き締まり、構成がより際立って聞こえます。
徹底してクリアになったことで、当時の空気感は薄らいだ感じもありますが、
そこまでマイナスにはなる部分ではないでしょう。大満足。

CD2はリミックス&リマスターに加えて2011年に再録された4曲、
Valhalla、The Bard's Song (In the Forest)、
The Bard's Song (The Hobbit)、And Then There Was Silence。
特にValhallaは素晴らしいの一言。
こういうのって大概「格好良いけどやっぱりオリジナルのほうが……」と
思い出補正が入ってしまうものですが、完全に再録が勝ってます。

Limited Editionにのみ収録されるCD3はレア音源集。
前半はBLIND GUARDIANの前身LUCIFER'S HERITAGE時代に発表されたもので、
後半はお馴染みの名曲のデモ。

LUCIFER'S HERITAGE時代は初めて聞きましたが、完全にIRON MAIDEN直系。
初期の数枚もIRON MAIDENからの影響を色濃く残すものでしたが、
改名以前はフォロワーといってもいいくらい似ていたんですね。
それでいて個性の片鱗が見えるのが面白い。
貴重な音源なので、こうして良い音質で聴けるのはありがたいです。

唯一難点を挙げると、企画盤としては良いんですが、ベストとしては少々疑問。
Banish From Sanctuary、Welcome To Dying、Jurny Through The Dark、
CD3には入ってますが、Time What Is Time、Ashes To Ashesなどなど、
BLIND GUARDIANといえばコレ、と言える代表曲の数々が未収録という点。
キャリアの長いバンドの宿命ではありますが、それにしても残念です。
こういう機会を逃してしまうと、なかなか世に出ないものなので……

Limited Edition、良いです。
US盤は3枚組みで1000円切るのが凄い。


  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。