上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Tyrants From The Abyss

 01. ZYKLON - Dominate
 02. LUCIFERION - Brainstorm
 03. VADER - Immortal Rites
 04. INFERNAL - Bleed For The Devil
 05. ANGEL CORPSE - Demon Seed
 06. SOUL REAPER - Fall From Grace
 07. CENTURIAN - Blasphemy
 08. THRONEAEON - The Lions Den
 09. IN AETERNUM - Maze Of Torment
 10. EXCOMMUNION - God Of Emptiness
 11. DIABOLIC - Visions Of The Darkside
 12. DIVINE RAPTURE - World Of Shit(Promised Land)
 13. KRISIUN - Unholy Blashemy
 14. BEHEMOTH - Day Of Suffering

2002年発表、デスメタルバンド主体によるMORBID ANGELのTribute盤。
ジャケットはお馴染みKristian Wahlin。
赤と紫の2種存在しますが、レーベルの違いのみで中身は同じです。
ちなみに赤がHammerheart Records、紫がSound Pollution発。
(どちらもレーベルは存続してるので、両者で出してる理由は謎……)

参加バンドは上記の通り、大御所から隠れた実力派まで盛り沢山。
トータルのクオリティとしてもなかなかに高く、良い作品です。

ただし注意点として、全曲この企画盤だけでしか聴けない音源とは限りません。
例えばZYKLONは1st特殊パッケージ版、ANGEL CORPSEは企画盤、
SOULREAPERに至っては2ndアルバムに普通に入ってたりします。
とはいえ、簡単に全部手に入るものではありませんし、
色んなバンドのカヴァーを聴けるという意味でも価値ある内容だと思います。

Tribute盤の性質上、バンドごとに内容はまちまちなので、
注目作にそれぞれ言及していきたいと思います。

ZYKLON - Dominate
 音色や演奏がZYKLON化したのみで、ほぼ原曲に忠実な内容。
 独特のジャリジャリとした音作りが、妙にマッチしてます。
 敬意を最大限に表したカヴァーかつ、格調高い名演。

LUCIFERION - Brainstorm
 若干ギターの音やミックスが荒れ気味ではありますが、
 原曲の雰囲気を守りつつ、実にLUCIFERIONらしく仕立ててます。
 オリジナリティあふれるシンセが不気味で良いです。

VADER - Immortal Rites
 原曲に忠実であるにも関わらず、全く別物になってます。
 やたらマッチョで爽快感が……ある意味笑えます。
 シンセを入れても全く不気味に聞こえないのがVADERらしい。

INFERNAL - Bleed For The Devil
 同名バンドが沢山居ますが、スウェーデンのINFERNAL。
 こちらも原曲に忠実かつ個性がでていて格好良いです。

ANGEL CORPSE - Demon Seed
 何を思ったかボツ曲をカヴァーしてます。
 まぁ『本家が絶対に再録しない曲の完成形を作ってみよう』
 という意図があるのかもしれませんが……すごい違和感。

SOULREAPER - Fall From Grace
 元DISSECTIONのメンバーが在籍するデス/ブラックメタルバンド。 
 そもそもMORBID ANGELの影響を思わせるスタイルなので、
 このカヴァーも完璧なマッチング。

DIABOLIC - Vision From The Darkside
 同郷のブルータルデスメタルバンド。この曲を選ぶとはシブい!
 ほぼ原曲通りですが、本家よりメロディアス化したソロが秀逸。
 自身の作風を上手く反映させてます。

KRISIUN
 本家とも縁深いブラジル出身のデスメタルバンド。もはや説明不要?
 この前後の時期は特に極端な音作りですね。
 熱気と整合性の不思議なバランスがKRISIUNらしい。

BEHEMOTH
 ブラストの嵐になるかと思いきや、ほぼ原曲通りの堅実な作風。
 ちょっとしたリズムの味付けが随所にされていますが、
 その部分の変更だけで、すごくBEHEMOTH的に思えるのが不思議。
 ヴォーカルの鬼気迫るアグレッションも素晴らしい。

上述以外の収録曲もなかなかに良質です。
どの曲も原曲に忠実で、演奏の質感だけ個性を反映させた印象。
逆に言えば、原曲完全崩壊なアレンジは1曲もありません。
まぁそもそもMORBID ANGELの曲は弄る余地がほぼ皆無ですしね。
難点としては、音質が荒めなものが多いことくらいでしょうか。

ZYKLONのDominate未聴の方は是非。




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。