上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gates-of-ishtar-at-dusk-and-forever-1998.jpg 
At Dusk and Forever

1. Wounds
2. The Nightfall
3. At Dusk and Forever
4. Battles to Come
5. The Burning Sky
6. Never Alone Again
7. Always
8. Forever Beach

1998年発表、スウェーデン出身のメロディックデスメタルバンド
GATES OF ISHTARの3rdアルバム。
オリジナルは廃盤、2ndとの2枚組み仕様が主に流通しているようです。

AT THE GATESを思わせるスラッシーなリフに
DISSECTIONのような美しいハーモニーを取り入れたスタイル。
メロディはパワーメタル風の勇壮なものが多く、
ファンタジックな世界観はBLIND GUARDIAN的といえるかも。

音作りは初期IN FLAMESやEDGE OF SANITYのような聴きやすいタイプ。
いかにも90年代のメロデスらしい、中域がボワっとしたギターがたまりません。

ほとんどが疾走曲、曲構成もシンプルですが、
メロディの完成度が高く、飽きのこない内容です。
ハーモニーの美しいWoundsに始まり、哀愁たっぷりのThe Nightfall、
ツインリードで一気に駆け抜けていくThe Burning Sky、
ブラックメタル的なトレモロリフが印象的なAlwaysなど、
珠玉の名曲がそろった素晴らしい作品。


残念ながら本作を最後に解散していますが、
主要人物であるMikael SandorfとOskar Karlssonは
THE DUSKFALLを経て、現在はHELLTRAINで活動しています。



  
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。