上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Nihil

 01. Cogito Ergo Sum
 02. Human-Proof
 03. Wrath of the Goat
 04. Angel Rectums Still Bleed - The Sequel
 05. Post Eclipse Era
 06. Nothing Is Sacred
 07. Zero Tolerance
 08. Assault the Weak
 09. How the Laughter Died
 10. Nihil

2000年発表、IMPALED NAZARENEの6thアルバム。
CHIRDLEN OF BODOMのAlexiが参加していることでも話題になりました。

一応カテゴリー的にはブラックメタルなのですが、
パンクやハードコアからの影響が強く、健康的な暴れっぷりが特徴的。
トレモロリフで疾走するパートも妙に明るく楽しい印象。
カッティングリフやブルージーなソロ、メタルらしからぬコード進行など
色々な要素を闇鍋的にブチ込みまくっているのですが、
曲の完成度が抜群に高いので、とても魅力的な作品に仕上がっています。





  

スポンサーサイト


Killers

 01. The Ides of March
 02. Wrathchild
 03. Murders in the Rue Morgue
 04. Another Life
 05. Genghis Khan
 06. Innocent Exile
 07. Killers
 08. Prodigal Son
 09. Purgatory
 10. Drifter

1981年発表、IRON MAIDENの2ndフルアルバム。

英国を代表するヘヴィーメタルバンドの初期の代表作。
今から30年以上前のアルバムとは思えないクオリティで、
オーパーツ的なレベルの楽曲完成度。
ツインリードやリフの構成など、この時点で既に完成の域に達しています。
音質以外はほとんど古さを感じさせません。
今改めてじっくり聞くと、一周して新鮮にさえ感じます。

個人的には9曲目Purgatoryが一番気に入っています。



余談ですが、邦盤にはPaul Di'Annoのご機嫌なインタビューが載っています。
当時のバンドを取り巻く環境が伝わってきて面白いんですが、
この直後に抜けてしまうことを考えると、ちょっと微妙な読後感かも……



Wrathchild

  

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。